大根と鶏団子のスープ煮
数百億円の国費が投じられる「式年遷宮」。その意味の一つは「常若」の思想とされる。建物の老朽化はご神体の生命力を衰えさせるという発想。つまり、

れんこんとしいたけの炒め煮
建物を建て替えることで神の若返りを図っている。むむむむむ。。。